1933年

・西岡組を設立

・住友重機械工業(株)の製缶業務請負を始める

1937年

・住友重機械工業(株)の協力工場となる

・新居浜市新田町に工場設立

1941年

・波止浜船渠株式会社の戦時型輸送船建造に協力

1946年

・電機製缶品の製作を主力に手掛ける

1961年

・株式会社西岡鉄工所(資本金300万円)を設立

・西岡清次が初代代表取締役に就任

1964年

・第2工場を新居浜市本郷町に設立

1967年

・三菱重工業株式会社三原製作所より協力工場の指名を受け印刷機カバー類製作の業務を始める

1977年

・2工場を統合し現在地の新居浜重機械工業団地に全面移転

1978年

・塗装工場を敷地内に新設 焼付塗装業務を開始

1981年

・電装工場を敷地内に新設 制御盤製作業務を始める

1983年

・電装工場を分離し、西機電装株式会社(資本金300万円)を設立

1985年

・西岡勝 2代目代表取締役に就任

1992年

・資本金を1000万円に増資

・板金自動加工システムを導入、切断工程の自動化を進める

2004年

・レーザー加工機を導入 加工範囲の拡大と短納期、小ロット対応を進める

2005年

・西岡圭 3代目代表取締役社長に就任

2008年

・塗装設備を更新 粉体塗装対応を開始

2009年

・板金自動加工システムを更新 成型加工、ジョイントレス化による切断工程の効率化を促進

2011年

・YAGレーザー溶接機を導入 更なる薄板業務の対応を強化